イメージ画像
TopPage相続・相続税などのお悩みは当事務所に

相続・相続税などのお悩みは当事務所に

超高齢化時代を迎え、多くの方々が財産の相続の心配をされていることと思います。 このような時代だからこそ、私たち税理士は、皆様にとって「お金について切実に、安心して相談できる人」でなければならないと強く感じます。

私・上田俊は、これまで税務一筋で培った経験とノウハウを生かし、地域密着をモットーに掲げ、皆様の一番身近にいる頼れるパートナーを目指します。
まずはご相談から、お気軽にお問い合わせください。

相続税申告業務内容

実際に相続が発生した際、亡くなられた方の遺産が基礎控除5000万円以上ですと相続税の申告が必要となります。 相続税の申告は期限が10か月と長いようですが財産把握、評価から相続人間の意思確認(分割協議)など必要になる手続きが多種にわたります。

課税遺産総額(小規模宅地等特例適用前)の0.4%~1.3%に相続人2名以上については1名につき10%加算した金額となります。(消費税別途)

    例1:相続人2名 課税遺産総額7500万円の場合
       7500万円 × 0.7% × 1.1 = 57万7500円(消費税別途)
       一人当たり28万8750円(消費税別途)

    例2:相続人3名 課税遺産総額1億円の場合
       1億円 × 0.7% × 1.2 = 84万円(消費税別途)
       一人当たり28万(消費税別途)

・相続人の方に分かりやすい料金の提示方法にしています。
・事前説明のない別途加算料金はご請求いたしません。
・別途必要な料金についてはご説明いたします。
・不明な点は初回相談時にお尋ねください。

相続対策業務内容

生前にご相談頂ければ、相続税の節税対策を含め、遺産分割による争いを未然に防ぐためのご提案などをさせてい頂きます。 場合によりましては当事務所と提携しています専門家をご紹介いたします。同時に複数の専門家との共同でご提案させていただく場合もございます。(弁護士、司法書士、不動産鑑定士、土地家屋調査士、フィナンシャルプランナーなど。)

  ・基本料金5万円(消費税別途)

基本料金に含まれるもの
  ・相続税申告シミュレーション(実際の申告書形式)
  ・口頭による助言業務

別途料金の発生するもの

・不動産の実地調査  ・未上場株式の評価等  ・各種専門家の対応など

※別途料金の発生する事項についても
       事前提示のないものについてはご請求いたしません。

このページのトップへ